ロボット(プログラミング)教室体験レポートサイト

ロボぴた | ROBOPITA

ロボット教室

【自宅派に人気】Z会プログラミング講座の料金や口コミ・カリキュラムを徹底調査

更新日:

Z会プログラミング講座
Z会の通信講座でプログラミングが学べるって聞いたけどどうなのかしら?
自宅で好きな時にロボットプログラミングができるって人気が出ているわよ!
Z会ってあのZ会よね?!家でどうやってロボットプログラミングが学べるのか知りたいわ!
OK!分かりやすく説明していくね。

2020年のプログラミング必修化に向けて、小学生からプログラミングを習わせるという親御さんが増えています。

いくら通わせたくても、ロボット教室やプログラミング教室は、まだまだ都市部中心にしか開校されていないのが現状です。

今後教室は増加していくと考えられていますが、

「そんなの待っていられない!」

という方には、自宅で学べる「Z会のプログラミング講座」がおすすめです。

「Z会プログラミング講座 」は、Z会が提供する小学生を対象にしたレゴブロックを使用したロボットプログラミングの通信講座です。

Z会のプログラミング講座は、人気のロボットプログラミング教室を自宅で学べるという事でかなり注目を集めています!

それでも、

  • 自宅で子供だけでできるのかしら?
  • 親のサポートはどれくらい必要なの?
  • 毎月の月謝はいくらかかるの?

などの気になることがたくさんありますよね。

ここでは、Z会のプログラミング講座を実際に利用している方の口コミ料金(月謝)カリキュラムなど、メリットとデメリットを詳しく紹介していきます。

家でもロボットが動かせるの?楽しそうだね

Z会は、私たち親世代になじみがある実績も申し分ない通信講座です。

子どもが楽しめるものでプログラミングを学べるなんて理想だし、送り迎えがないのも忙しいママにとってはうれしいですね。

また、通わせる時間がなかなかない方、費用を抑えたい方もZ会を選ぶ方が増えているようです。

気になったらまずは資料請求をしてみましょう。(無料です)

\ 自分のペースで学べるから人気!/

Z会に資料請求してみる

信頼のZ会がプログラミング必修化をサポート

Z会のプログラミング講座について

Z会プログラミング講座

大手通信教育のZ会では、小学生を対象にしたプログラミング講座が開講されています。

Z会には、親御さん世代が受験の時にお世話になった方も多いのではないでしょうか。

実はZ会のプログラミング講座は、2種類あります。

  • Z会プログラミング講座with Scratch
  • Z会プログラミング講座 with LEGO Education

「Z会プログラミング講座with Scratch」は、名前の通り「Scratch(スクラッチ)」という子供用のビジュアルプログラミングを使って学ぶ講座です。

2019年3月に開講したばかりの講座です。

Z会プログラミング講座with Scratchについてはここからジャンプ

 

ここで主に紹介していくのは、ロボットを作成しながらプログラミングを学ぶ講座「Z会プログラミング講座 with LEGO Education」についてです。

こちらは、2017年7月に開講しており、生徒数も増加しているそうです。

「Z会のプログラミング講座with LEGO Education」についての簡単な紹介動画があったので参考までにご覧ください。

プログラミング的思考につながる3つの力が養われる

ロボットを作成する子供

Z会のプログラミング講座では、

ひらめき(創造力)組み立て(論理的思考力)試行錯誤(問題解決力)の3つの力を身に着けることができる内容になっています。

これらの能力は、将来子供たちが必要とされる「プログラミング的思考」に繋がる力とも言われています。

ひらめき(創造力)


ロボットを動かしながら改造する中で、こんな風に動かしたい!こんな動きできるかな?なんていろんな発想が生まれます

組み立て(論理的思考力)


ロボットを思う様に動かすためには、どこの数値を変えたらいいのか、どの順番で動かせばいいのかといった、ものごとの進め方を学びます

試行錯誤(問題解決力)


考えた方法を実行し、できなかったときには別の方法を考え、できるまで何度も繰り返します

Z会プログラミング講座はどんなカリキュラムなの?

Z会資料資料請求をすると2つのコースのパンフが届きます

「Z会プログラミング講座with LEGO Education」は、Z会が提供する小学生を対象にしたロボットプログラミングの通信講座です。

通信講座なので、自宅で自分の好きな時にできるのが一番の特徴であり、メリットになります。

どちらも、ipadとWiFiの環境が必要になりますので、そこがクリアできればあとはテキストを待つだけ。

移動の時間がない分、その時間をロボット制作にも使えますよね!

「Z会のプログラミング講座with LEGO Education」は、2つのコースに分かれおり、

「基礎編」「発展編」があります。

大きな違いは、年齢や学年による取り組みやすさを考えて、難易度が違う点です。

どちらもレゴ社が開発したロボットキットを使用し、テキストはZ会のオリジナルのものが使用されています。

レゴは世界90カ国以上で使用されている超人気のプログラミング教材です。子供が取り組みやすいのは助かるわね。

それぞれの内容や料金はどう違うのか説明していきますね。

基礎編(全12回)のカリキュラムや教材、料金について

Z会プログラミング講座

基礎編は、初めてロボットプログラミングを学ぶ方におすすめです。

子どもたちが思い通りにプログラムをし、楽しんでロボットを動かすことを重視した内容になっています。

推奨学年&期間

小学1年~4年生が対象になっていて、全12回(1年間)の講座になっています。

受講料金&ロボットキット代(教材費)

毎月の受講料:5,093円(税込)

ロボットキット代(初回のみ):26,620円(税込)

※レゴ®WeDo2.0基本セットを使用

12か月一括払い:51,942円(1か月あたり4,329円)

ロボット代はそこそこしますが、月謝がとにかく安い!教室と比べると半額ですね。

使うロボットキット&教材

ロボットキットについて

使うロボットキットはレゴ「WeDo 2.0」基本セットです。

レゴWeDo 2.0色使いがかわいい「レゴWeDo 2.0」を使用 

ブロックとモーターやセンサーを組み合わせロボットを作成し、そこにプログラムで指示を送ることで、ロボットを自由自在に動かすことができます。

プログラミングは子供でも簡単にできるビジュアルプログラミング。

レゴWeDo 2.0

アイコンをドラッグ&ドロップするだけで子どもでも簡単にプログラムを作ることができます!

レゴWeDo 2.0で作れるロボットの例

regoWeDo 2.0身近な問題をかわいいロボットで作ります

ヘリコプターやセンサーで障害物に当たらずに止まる車などを作ります。

 

教材について

Z会プログラミング講座基礎編テキスト 楽しく子供だけで学べるようになっている

毎月1冊「ワークブック」が届き、2回分の内容になっています。

基本的に子どもだけでもできるように作られています。

ブロックの組み立て方は、WEB上に詳しい3Dの解説があるので、ipadを見ながら作成することになります。

プログラミングについては、細かく丁寧に説明があり、自分で実際にやってみて理解させるようになっています。

また、「保護者用のガイド」があり、ワークブックの詳しい解説書になっています。

Z会保護者用保護者用ガイド 子供へのアドバイス方法がわかる

親が子供をサポートしやすいように、各回の学習テーマの狙いや子供へのアドバイスのポイントなどがまとめてあります。

また、Z会の会員専用WEBサイトから、質問や相談ができるようになっています。

これを見れば子供の質問にもアドバイスできるようになるし、プログラミング的思考についても理解が深まるようになっています!

 

発展編(全24回)のカリキュラムや教材、料金について

Z会発展編

発展編は、基礎編よりも高度になり、「組み合わせて動かす」など複合的に考える場面が増えます。

よりオリジナリティのあるプログラミングを経験できる内容になっています。

推奨学年&期間

小学4年生以上が対象になっていて、全24回(2年間)の講座になっています。

受講料金&ロボットキット代(教材費)

毎月の受講料:7,129円(税込)

ロボットキット代(初回のみ):58,850円(税込)

※レゴマインドストームEV3基本セットを使用

12か月一括払い:72,706円(1か月あたり6,059円)

基礎編より月謝は上がりますが、教室に比べたらかなり安いのは変わらずです。

使うロボットキット&教材

ロボットキットについて

使うロボットキットは教育用レゴ「マインドストームEV3」基本セットです。

Z会レゴ本格的なロボットプログラミングができる「マインドストームEV3」

複数のモーターやセンサーを組み合わせて制御を行なうことができ、本格的なロボットプログラミングができるキットになっています。

プログラミングは子供でも簡単にできるビジュアルプログラミング。

マインドストーム

レゴWeDo 2.0よりは複雑になりますが、アイコンをドラッグ&ドロップするだけで子どもでも簡単にプログラムを作ることができます。

マインドストームで作れるロボットの例

発展編Z会様々な本格的なロボットが作れます

自由度や表現の幅が大幅に広がるので、いろいろな作品をつくれるようになります。

 

教材について

Z会発展編発展編テキスト こちらも子供だけでできるように作られている

毎月1冊「ワークブック」が届き、2回分の内容になっています。

こちらも基本的に子どもだけでもできるように作られていて、「保護者用のガイド」も基礎編と同様にあり、ワークブックの詳しい解説書になっています。

料金についてのまとめの表

Z会のプログラミング講座with LEGO Educationの料金を表にまとめました。

教室との違いは、入会金が掛からない点と、月謝の安さでしょうか。

  基礎編 発展編
入会金 0円
月謝 5,000円(税込) 6,999円(税込)
ロボット代 26,136円(税込) 57,780円(税込)
12か月分一括払い 50,998円(税込)
(1ヶ月あたり4,250円)
71,384円(税込)
(1か月あたり5,949円)
受講期間 1年(12回) 2年(24回)

教えてくれる先生がいないので、月謝がかなり安くなっていますね。

でも、最初に買わないといけない、ロボットキット代が大きな負担になりそうです。

1年分をまとめて支払いするとさらにお得になりますよ。

もし、iPadが家にない場合は、新たに買わなくてはいけなくなります。

約5万円程かかるのでiPadを持ってないと初期費用だけでも10万近く掛かってしまいますので注意してくださいね。

\ 自分のペースで学べるから人気!/

Z会に資料請求してみる

信頼のZ会がプログラミング必修化をサポート

レゴを使ったロボット教室との料金の比較

レゴ比較

レゴのブロックキットを使ったロボット教室は人気があり、各都道府県にいくつかあります。

このレゴの教材を採用している教室としては、

「レゴスクール」「クレファス」「LITALICOワンダー」「ロボ団」があります。

マインドストームEV3は、複雑かつ高度なプログラミングができるので、値段もそれなりにお高くなっています。

レゴを使用している教室と、Z会とのロボット代金を比較してみましょう。

※価格は税抜きで表示してあります。

  レゴWeDo2.0 マインドストームEV3
Z会 24,200円 53,500円
レゴスクール 24,000円 53,040円
クレファス 24,200円 53,500円
LITALICOワンダー 0円(教室貸出) 56,000円
ロボ団 使用なし 0円(教室貸出)

Z会と他のロボット教室を比較したところ、ロボットキットを購入しないといけない場合は、WeDo2.0もマインドストームも値段はほぼ同じということがわかりますね。

学年があがると追加キットを買わなくてはいけない教室もあります。

マインドストームを使う場合はかなりの費用が掛かることを頭に入れておきましょう。

また、レゴの教材を使用している教室と月謝も比較してみました。

  月謝  
レゴスクール 14,200円 Z会は
基礎編:5,093円
発展編:7,019円
クレファス 15,000円
LITALICOワンダー 21,500円
ロボ団 13,800円

レゴを使用している教室は月謝も高めですが、こうやって比較すると、Z会の安さがよりはっきりしましたね。

ただ、体験に行ったクレファスでは、ただ高いだけではなく、先生の質や授業内容はとても良かったです。

もっと詳しいロボット教材での比較記事をご覧になりたい方はどうぞ。

ロボット教材比較
ロボット教室で使うロボット教材を比較 値段や種類、選び方までレクチャー

ロボット教室といっても、各教室によって使うロボットが違うって聞いたんだけど・・・ そうよ。ロボット教室と言ってもそれぞれ ...

続きを見る

このように、レゴのロボット教材を使っている教室はいくつかありますが、ロボット教材代も月謝も高めの傾向にあることがわかりました。

近くに通える教室があるなら、是非とも無料体験に行ってみてください。

レゴのロボットプログラミングについてよくわかると思いますよ。

参考までにZ会スクラッチコースについての基本情報です

Z会スクラッチ

Z会プログラミング講座 with Scratch
入会金 0円
月謝 3,506円(税込)
12か月一括払い 35,759円(1か月あたり2,980円)
受講期間 1年(12回)
対象年齢 小学1年生から

小学校でも導入しているScratch(スクラッチ)を利用したプログラミング講座が、Z会の通信講座でも開始になりました。

※Scratch(スクラッチ)は、子供向けのビジュアルプログラミングです。

1年という短い期間なので、どこまでまで習得できるかわかりませんが、プログラミングに慣れるために使うには申し分ないでしょう。

ロボット代が必要ないので、費用は月謝のみです。(iPadがない方は購入要です)

初期費用が安く済むので、プログラミングをちょっと試したい方におすすめです。

Z会プログラミング講座with Scratch

 

Z会プログラミング講座の授業の進め方は?親は必要?

子供1人

Z会のプログラミング講座は通信講座ということもあり、どんな感じで学習していくのか不安かと思います。

ここでは学習の進め方について具体的に紹介していきます。

申し込みをすると、翌月の14日ごろに最初のワークブック(スタートガイド含)とブロックキット(購入者のみ)が届きます。

iPadでアプリをインストールして使える状態にしておきましょう。

1か月で、2つのテーマに取り組むように作られていて、1つのテーマにかかる時間は90分から150分と約2時間ほどかかります。

受講の流れ

step
1
ワークブックをよく読んでロボットを組み立てていきます。

step
2
ipadを使ってプログラミングをしてロボットを動かします。

step
3
ロボットをの動きを創意工夫して発展させます。

step
4
学習が終わったら定着確認テストに取り組む形になっています。

できたら、受講者専用WEBページで提出(翌月10日まで)し、22日ごろに、「Monthly Report」として保護者に結果が届きます。

土日のまとまった時間に取り組むと集中してできそうですね。

先生なし、テキストだけだと親がいないとだめ?

これに関しては、親は完全にノータッチでは無理だといえるでしょう。

最初のiPadの設定だったり、ワークブックの使い方などは、親が教えてあげる必要があるようです。

子供は慣れてくると、どんどん自分でできてしまうことが多いですが、最初だけは親御さんのヘルプが必要かと思われます。

また、「親用のガイドブック」があるので、どうやって教えたらいいのかには困らないと思われます。

それに加えて、Z会の会員専用WEBサイトが設けられていて、プログラミングやロボット作りでわからないこと・困ったことを質問できるようにもなっています。

サポート体制はしっかりしているようなので、親がプログラミングに関して無知でも、問題なく受講できるでしょう。

子供も夢中!毎月のミッションは斬新!

Z会のプログラミング講座には、毎月自由参加のミッションがあり、作品をツイッター上で公開するようになっています。

ツイッターに投稿なんて斬新!コメントとかいいねとか気になりますね。

例えば、2019年7月のミッションはこんな感じ。

Z会プログラミング講座

このテーマかなり難しいですよね!

子供の頭だけじゃむりじゃないの!!

って思うようなミッションが毎月でていて、それに対する作品も高度なものばかり。

ツイッターにたくさん投稿があったので少し紹介しますね。

初めて2か月で、プログラミングを使って、上手にバンザイできていますね!

すごいです!

重要書類を守るミッションは、かなり難しそうですね。

でも作ったのは小学生。音楽にもこだわっているようで動画センスも磨かれそうですね。

犬の餅つきはかわいいですね。

これもたたく角度の調節がむずかしそうですね。

子供たちの努力の成果がツイッターで見れて楽しいですね。Z会のプログラミング講座恐るべし。

\ 自分のペースで学べるから人気!/

Z会に資料請求してみる

信頼のZ会がプログラミング必修化をサポート

Z会のプログラミング講座の口コミは?

Z会プログラミング講座

Z会プログラミング講座に関する口コミを調べてみましたが、ほとんどなく、SNSでの投稿が多かったです。

そこで、公式サイトにあった口コミや、ツイッターやインスタグラムでの投稿を紹介していきます。

悪い口コミ

4年生の時に 本人の希望で 発展編をしていました。 旦那は仕事で忙しく 私はさっぱりわからず…で 結果 1人で 取り組んでいました。

 3~4ヶ月して 教材を貯めるようになり 4年生の終わりには 解約してしまいました。 残ったのは 初期投資で買った レゴのブロック…(>_<)

引用ウイメンズパーク

公式サイトの口コミ

一番わくわくしていることはどんなピースを組み合わせるとおもしろい動きができるかということです。 だから、WeDoはとても楽しくて大好きです。

自分で試行錯誤する楽しさと成功体験が楽しいらしく、毎日のように自由に作品を作っており、私ども夫婦も驚いております。

テキストが終わっても見よう見まねで別のロボットを組み立てて動かして遊んでいます。
「おぉ〜!」という声が聞こえてくると、きっと新しい発見や驚きがあったのだろうと嬉しい気持ちで見守っています。
思った動きをしなくてもそこから学べることは多く、1年受講した際には様々な思考力が身についているのでは、と期待しています。

引用公式サイト

ツイッター

 

 

インスタグラム

口コミに関するまとめ

口コミを見ていると、どの子供も楽しんでいる様子がすっごく伝わってきました

中には届いてすぐに開封して、ロボット作成に夢中になる子もいたようですね。

また、テキストが終わっても、自主的にロボットを作り、自分で動かして遊んでいる子もいます。

こういう系は、ハマる子はむちゃくちゃハマるんですよね。

自分で試行錯誤する楽しさと成功体験が楽しいなんて、親からしたら、してやったりですよね。

プログラミングが本業の方からしたら、子供用なので物足りなさがあるようですが、小学生はそれでも自分で動かせることに興奮している様子がわかります。

ここまで使ってくれたら、ロボットを買う価値ありますね。

クリスマスプレゼントでZ会のロボットを上げるなんて、やりくり上手なママもいるようですね!

レゴは人気のロボットキット。

レゴを使ったロボット教室はいくつかあるので、Z会にするのか迷っている方もいるみたいですね。

ロボット

自分でやるぞって決めてやらないと進んでいかないのが通信講座。

1か月やらないと次のテキストが届いて終わらないまま、次が来て・・・

結局やらなくなってしまうのが通信講座の怖いところ。

この点をうまく親御さんがサポートしてあげる必要はあるのかなと感じました。

Z会のプログラミング講座のメリットとデメリット

メリットデメリット

Z会のプログラミング講座について調べるなかでわかった、メリットとデメリットをまとめました。

メリット(よかった点)

・自宅で好きな時にできる

・月謝が安い

・送り迎えの必要がない

・毎月のミッションにやりがいがある

デメリット(良くないと思った点)

・教えてくれる先生がいない

・親のサポートが必要

・ロボット代が高い

・iPadがないとできない

・やらないとどんどん貯まってしまい余計にならなくなる

通信講座はどうしても先生がいないのが大きなデメリットです。

また、自主的にやらないと進まないという欠点もあり、自分で意欲的にできない子供は親がやらさなとやらないかもしれません。

ここさえクリアできるのであれば、自宅でロボットプログラミングが学べるメリットはかなりあると思います。

ただ、どうしても必要なのが親のサポート。

一緒に取り組むことで、子供との会話が増えるメリットがあると思うので、親御さんが頑張ってもらえるといいのかなと思います。

資料請求はこちら

 

教室に通うべき?通信講座かで迷ったらどうする?

ロボット教室に通うべきかZ会の通信講座をやるほうがいいのか迷っている方が多そうなので、それぞれに向いているタイプをまとめてみました。

教室に通った方がいいのはこんな人

・自宅だとダラダラしてしまう人

・親がサポートすることができない人

・他の子供たちとのコミュニケーションがあった方がいいと思う人

通信講座に向いているのはこんな人

・周りに通える教室がない人

・料金を抑えたいと思っている人

・親のサポートができる人

・子供が自主的にやってくれそうな人

もし近くに、ロボット教室があるなら、迷いを解消するためにも、絶対に無料体験には行きましょう!

HPを見ているのと実際に体験にいくのでは、手に入る情報量が全然違ってきます。

全国的に教室を展開しているロボット教室を紹介しますので、体験に行ける方はぜひ行ってみてください。

我が家はヒューマンアカデミーに通っています!

最後になりましたが、うちの息子は、「ヒューマンアカデミーのロボット教室」に通っています。

ヒューマンアカデミーロボット教室は、

自宅から近く、授業内容もうちの子のレベルにあっているのでここに決めました。

コース分けもしっかりしていて、中学生まで長く通える教室なのも決め手になりました。

お値段もなんとかなる範囲だったので思い切って、息子を通わせています。

年の途中でも入ることができるのもよかったです!

 

ロボットつくるのとっても楽しいよ!今日プログラミングできるの一番早かった!

なんて言って帰ってきたときは、親としてもヒューマンアカデミーに通わせて良かったなと思っています。

実際に無料体験い行った詳しいレポートもあるので、ぜひご覧ください。

通いやすさNO.1!ヒューマンアカデミーロボット教室の料金や評判を徹底調査

最近では全国でロボット教室がどんどん開校されているのを知っていますか? ロボット教室は、プログラミング必修化に伴って、子 ...

続きを見る

ヒューマンアカデミーなら自宅近くの教室が見つかると思います。

まずは、教室検索をしてみて体験に行ってみることから始めましょう。

\ 通いやすさNO.1!/

ヒューマンアカデミー 無料体験&教室検索はこちら

迷ったらまずはここに行ってみよう!

たくさん無料体験に行って比較して決めましょう!

ロボット教室はいろいろありますが、HPだけ見ていても違いはよくわかりませんよね。

そんな時は、無料体験を利用しましょう。

実際に教室にいくことで、不安な点や疑問点がクリアになりますので、無料体験はおすすめです。

私も、何件か無料体験に行き、ヒューマンアカデミーに決めました。

みなさんも、ぜひいくつか体験に行ってロボット教室の比較をしてみてください。

自分たちに合う教室が見つかるはずですよ。

-ロボット教室

Copyright© ロボぴた | ROBOPITA , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.